ボーンブロスを作ってみた

他人の胃腸の話を聞く手伝いをしていたんですけども。

 

「あれだよ!あれ!君が言ってたやつ!」

みたいに、
私の知識の引き出しを引っ掻き回されることがあります。胃腸にも。笑

そのついでに、
私が忘れかけていたことも引っ張り出されるもんで、
今日は思い出したことをそのまま実行してみました。

 

今回やったのは、「『ボーンブロス』作り」

私の実行速度は、基本的に『即日』ですからね。
昼聞いて夕方にはスーパーに行き、ネットでレシピを調べまくり、
夕食と並行して作りました。

ちなみにボーンブロスとは、
牛や鶏などの骨を長時間煮込んで抽出したスープにございます。

 

うちは牛骨や骨付き牛肉があまり手に入る環境にないので、
手軽にスペアリブと手羽元で。

野菜と一緒に。最後にお酢と水を入れて。
圧力鍋でぎゅーー!(圧の音(イメージ

その後キッチンペーパーを敷いたザルで濾して。
スープだけを冷やして、固まった油分を抜いたら出来上がりー。

だ、そうです。
まだ油が固まらないので完成ではないんでやんす。
このまま油出ないのかもなあ。

 

一緒に煮た野菜と鶏肉は、
トマト缶とカレー粉とガラムマサラで、カレーにしてやりました。あっはっはー。
もううまーい。
明日の夜ご飯に食べよー。

葉の部分をブロスに使いたくて、買ったセロリの茎は、
すでに和風ピクルスに仕込み済み。カレーに合うじゃなーい。

スペアリブはどうしよっかなー!

 

忘れてたけど、私のストレス解消法の一つは、

『煮込み料理を作る』

でした。打ってて思い出した。

 

面倒なようで実は簡単だし、
一回作ると、いろいろアレンジが利くところが好きなのです。
あと手順通りに淡々と作業を進めていくのが、
瞑想的でスッキリする。

 

最近しんどいのが続くなあと思って、動きも重かったのだけど、
この勢いでニットのブラシ掛けと毛玉取りも終わらせて、
明日の準備も整えて、
まあまあ気分も上がってまいりました。

やっぱり整えるって大事ですね。

 

そんなこんなで、
出来上がったボーンブロスで今度は、体内環境を整える予定でっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です