自分の身体に合わない食材を聞いてみた

昨日の記事を書いた後、

「他人様の聞いてないで自分の聞けやあああああああ!」

と、マイ胃腸からブチ切れられまして。マジで。

ボーンブロスを作ってみた

 

ええ、ええ。
私の場合は端的に、捩れるような腹痛がね!ああキレてんな!っていうね!
子宮とか内臓とか、スルーしてると、ほんとに激痛という形で教えてくれまして。愛が痛い。
ああ愛しいぞ!もう!こんにゃろめ!ごめん!ごめんなさいいいい…

 

…ということで、

『マイコこれ摂るなよ食材』

を聞きました。今日改めて。反省してるから。

 

まあ、基本『食べること自体向いていないから食うな』と言われ続け、
何かあればすぐ『食べ過ぎ』と言われていたこの私ですから?

大雑把にはわかってるんですよ。自分でも。

 

炭水化物(特に小麦)と化学調味料、合成添加物、甘味料。

それから、
ラムやジビエなどの獣肉
マクロビで良いとされる、玄米、番茶、梅醤番茶(胃痛が起きる)

炭水化物も獣肉もマクロビも、
美味しいから好きなんですけどね。味は!
身体が負けるんだよね。

 

で、
今回はさらに、それ以外の合わないものを食材ごとに聞いたら。
なんと。驚きの。

 

<マイコは合わないから摂るのいくないリスト>

・きゅうり
・ほうれん草
・青梗菜
・アスパラガス
・とうもろこし
・えのき
・スイカ

<次点>

・えび
・かに
・うに
・白子
・あん肝
・松茸
・海藻

 

んんんねええええええええ!?
きゅうりとほうれん草、だめーーーーー!?
えええええええええ!きゅうりとかほとんど水分じゃん!栄養ないじゃん!

とぎょーーっとしました。

したんですよ。もちろん。

 

ただ。

実は。
心当たりがあったのです。

合わないと言われている食材たちの多くは、
食べると口の中が膜を張ったような感覚になったり、
舌が痺れたりしてたんだよ。

アクかな?って思ってたんだよ…強いのかなって…
違うのかよ…荒れてたのか…

 

で、その感覚を持ってきますと、
同じ感じになるから、ダメそうな食材は、

・みかん以外の柑橘系フルーツ
・バナナ以外の南国系フルーツ
・ブドウやプラムを皮ごと食べること
・桃

え?もう果物って他にあんまり残ってなくない?(号泣

 

鳥豚牛のお肉は大丈夫ですが、
豆腐とかの大豆たんぱくも、量と頻度を増やすとキツくなります。

お魚は全般問題ないけど、
甲殻類や内臓系はあんまり良くないとリストに出たし。
えびかにもあん肝も、たまーにしか食べないけどお…あん肝らぶなのに…

 

ま、完全に全部NGなわけではなくて、
外食で料理に入ってたくらいなら食べられるし、
調子の悪い時には避ければいいし、
自炊するときに、調整がいるんだなあ、という感じですかねえ。

 

他にも、合わない食材はあるのですが、
もともと結構それとなく避けてきた、得意でないものが多かったので、
知らず知らずにわかっていたってことで、それは問題ないかなあ。

 

…っていうのを調べはしたんですけども。

私の場合、お腹からのチャネリングでの会話での回答と、
実際に音でかえってくる回答があるんでね。

 

でもこれ、完全に一人でチェックしきるのは難しいのね。

「絶対やめたくない」「自分の好みを変えたくない」とか思ってると、
聞きたくなくて回答をねじ曲げがちだし。

向こうのOKサインと、自分の好みがかぶった時も、
本当に合ってるのかなあと逆に疑心暗鬼になって受け取りにくい。(あ、私はそう)

 

過去の自分の経験と体調の変化と、
いろんな食に関する知識と、

なにより、

「ひとまずいったん受け入れて、生活の中で試してみよう」

という気持ちを持てないと、だいたい意味のないリストになる。

 

そんでもって聞いても実行しないと、
身体からの信頼を損ねる。いずれ答えてもらえなくなってもおかしくない。

 

一気に変えることは難しくても、
意識して変えられるところから少しずつ試して、
自分の身体の変化を観察して、何が効果があって何がダメなのかを掬い上げて…
っていうのを繰り返していくんですね。

 

ボーンブロスはそもそも人のために、実験的に作ってみたのだけど、
さらに調べていったら、自分にも良さそうな感じなので、
私もいろいろ試してみようと思います。

胃腸的にも実験OKはもらってるしー。

ちなみにボーンブロスに使ったお肉と野菜で作ったカレー。
超美味しかったっすー!
小麦粉も使わないので、私でも安心して食べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です