「『スピ断ち』が必要な人」と「『スピ断ち』実行リスト」

『スピ断ち』について書いています。

『スピ断ち』について書いてみる

 

私個人としては、よっぽどのことがない限り、
『完全なスピ断ち』を言い渡す、また、勧めることはありません。

とは書いたのですが、
養成学校の記事も3年前のものであり、
定義自体は変わらずとも、
基準や行うべきことは変わっているよなあ、と思ったので、
続けようと思います。

 

今回は、

「『スピ断ち』をした方がいいのはどんな人なのか」
「実際に『スピ断ち』とは、何をすればいいのか」

についての記事です。

 

『プチ断食的な、プチスピ断ち』でも、
『スピリチュアルの学びを休む』でも、
『スピリチュアルと距離を置く』でも、
そして、『完全なスピ断ち』をする場合においても、重要なことを書きます。

『スピ断ち』を考えている人も、『スピ断ち』を勧められた人も、
そして、「『スピ断ち』なんて無縁だ」と思っている人も、
ぜひ読んでくださいねー。

 

早速ですが、以下のいずれかに当てはまる人は、
『スピ断ち』を実行することをお勧めします。

・『スピ断ち』と聞いて
「絶対嫌!無理!」「なんでそんなことしないといけないの!」
と、
『怒り』や『恐怖』、『不安』などの強い感情が湧いてきた人

・色々なワークをやってもやっても、現状が好転しない人

・何かあった時に、すぐにスピリチュアルに結び付けてしまう人

(例:前世、霊障、守護霊、カルマ、輪廻転生、パラレルワールド、ソウルメイト…etc)

・スピリチュアルワークに取り組んだにもかかわらず、深刻なお金の問題を抱えている人

・スピリチュアルワークに取り組んだにもかかわらず、職場や友人、家族間などで、人間関係の大きなトラブルを抱えている人

・スピリチュアルワークに取り組んだにもかかわらず、やる気が出ない、イライラして仕方ない、毎日憂鬱である…などの
『メンタルの不調』が改善されない人

・スピリチュアルワークに取り組んだにもかかわらず、眠れない、体調が優れない、めまいがする、起き上がれない…などの
『肉体的な不調』が改善されない人

 

すなわち、

『スピリチュアルに関わっている今現在、
何かしらの現実的な問題が生じているが、改善の見込が立っていない人』

ということになります。

 

それでは続けて、『スピ断ち』として、
実際に行っていただきたいことをあげていきます。

期間にかかわらず、『断つ』ことには変わりませんので、
「どれかだけを選んでやる」などは、やめましょう。

<『スピ断ち』実行リスト>

1.スピリチュアル関連のサイトやブログのブックマーク(お気に入り)、
メルマガを全て削除

2.本棚にあるスピリチュアル関連の本を全て処分
3.持っているエネルギーグッズを全て破棄
4.セミナーやセッションなど、スピリチュアル関連の場に行かない
5.「パワースポット」と呼ばれる場所に足を運ばない
6.スピリチュアルや精神世界の話題が好きな友人とは、しばらく会わない
7.スピリチュアルワーク(例:チャネリング)をやらない
8.エネルギーワーク(例:ヒーリング)をやらない
9.『ブロック解除ワーク』をやらない

 

今回はひとまずリストを挙げるに留めます。
次の記事で、それぞれ説明していきますね。

 

スピリチュアルに限らず、
何かをやめよう、手放そうとするならば、
日常生活からその要素を根こそぎ抜いて行かない限り、達成は難しいですよね。

タバコやお酒然り、甘いもの然り、人間関係然り。

 

「それじゃあ、◯◯だったら、やめなくても、続けていてもいいですか?」

という質問がよくありますが、
この発想をしてしまうこと自体が、物事が上手くいかない原因の一つだったりもします…

 

一度に辞めるのは大変だからと、じわじわ減らしていく方法もありますが、
そもそも「すでに問題が起きているから、断つことが必要な状況」
になっているので、
肚を括って、潔くスパッと断たないと、
問題の解決という点では、遠ざかりかねないですね。

 

では次の記事で。

「『スピ断ち』実行リスト」説明編 1(追記あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です