「『スピ断ち』しなくても良い人」とは

『スピ断ち』についての記事を書いていました。

一時的な『スピ断ち』、期間を決めた『スピ断ち』
完全な『スピ断ち』…

『スピ断ち』書きすぎて、いい加減ゲシュタルト崩壊しそうですね。

 

以前の記事に、こう書きました。

以下のいずれかに当てはまる人は、
『スピ断ち』を実行することをお勧めします。

・『スピ断ち』と聞いて
「絶対嫌!無理!」「なんでそんなことしないといけないの!」と、
『怒り』や『恐怖』、『不安』などの強い感情が湧いてきた人
色々なワークをやってもやっても、現状が好転しない人
何かあった時に、すぐにスピリチュアルに結び付けてしまう人
(例:前世、霊障、守護霊、カルマ、輪廻転生…etc)
スピリチュアルワークに取り組んだにもかかわらず、
深刻なお金の問題を抱えている人

スピリチュアルワークに取り組んだにもかかわらず、
職場や友人、家族間などで、人間関係の大きなトラブルを抱えている人

スピリチュアルワークに取り組んだにもかかわらず、
やる気が出ない、イライラして仕方ない、毎日憂鬱である…などの

『メンタルの不調』が改善されない人
スピリチュアルワークに取り組んだにもかかわらず、
眠れない、体調が優れない、めまいがする、起き上がれない…などの

『肉体的な不調』が改善されない人

すなわち、

『スピリチュアルに関わっている今現在、
何かしらの現実的な問題が生じているが、改善の見込が立っていない人』

ということになります。

 

…それじゃあ一体、どんな人ならスピ断ちしなくていいの?

 

答えは。

『今現在、特に困っていることは無い、という人』

です。

(注:「死への恐怖」「西洋医学では解決できない肉体的問題」
「提供者などから受けた、エネルギーまたはスピリチュアル的問題」を除く)

 

「困っているから、スピリチュアルで解決しようと思ったのに!」

という考えは、残念ながら、もう通用しません。

別に以前ならばよかったわけではないですけどね。
もともと通用してませんからね。
過去、失敗しても挽回できたり、すこしの猶予があったりしたのは事実でした。

けれども、今はもう、違うのです。

 

物事にスピリチュアル的な意味を求めつづけても、
何かのワークに没頭するフリして逃げ込んでいても、
素晴らしい教えやセッションを探し求めていても、

今の状況が好転することは、ありません。

 

現実的な問題は、現実的な対処で向き合って解消できた、
すでに向き合って、なんとか解決できつつある、
今後問題が起きても自分で対処していく覚悟である

と言えないのであれば、

「スピリチュアルを学び続けること」「スピリチュアルに関わり続けること」

は、単なる『現実世界からの逃避』になってしまいます。

時間は一秒たりとも無駄にできません。
逃避している、遠回りしている余裕なんて、もうないのです。

 

だからこそ、

「なぜ自分は、スピリチュアルの学びを続けたいのか?」
「なぜ自分は、スピリチュアルに関わり続けたいのか?」

ということを、
改めて、自分に問い直してみてください。

 

くれぐれも「スピリチュアルに関わるな!」と言っているのではありません。
学びを止めさせたいわけでもありません。

ただ、流れも変化も激しいこの時代。

今やるべきことを見失うことは、
後からでは取り返しのつかないことになりかねないですから。

 

『スピ断ち』の必要があろうが、なかろうが、

「今自分がやらなくてはいけないのは何か?」
「なぜそう思うのか?」

常に自問自答を続けていくことは、人生において必要なことだと思うのです。

 

その上で、

「スピリチュアルの学びを続けていく」

と決意したのであれば、
覚悟と責任を持って、そして相応のコストを払っていくことが必須です。

これはスピリチュアルに限らず、何事においても同じですよね?

「知らなかった」
「そんな大ごととは思ってなかった」
「やろうと思ったけどできなかった」

なんていうのは、言い訳にもなりませんので、
情報や知識は常に最新にアップデートし、技術の向上を図り、
自己のメンテナンスも言わずもがな、どれも怠らず励んでいきましょうね!

 

 

質問:「もしあなたが『スピ断ち』したらどうなる?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です