【過去記事】実験:「AになったらBをやる」のBを先にやってみる

3年前に、こんな記事を書きました。

実験:「AになったらBをやる」を先にBからやってみる

(続)実験:「AになったらBをやる」を先にBからやってみる

(続々)実験:「AになったらBをやる」を先にBからやってみる

その後、この案を割と採用し続けた結果、
なんかもう普通に、『自分のお決まりパターン』のひとつとなってしまったけども…

「◯◯になったら」という条件付けが、

物理的にクリアしないと無理なものなのか、
自分に対しての『時間稼ぎ』にしてしまっているのか、

冷静にそれを考えてみて、
後者に当てはまるのであれば、勇気を出して先に実現させた方がいい。

 

環境も、機会も、他人からの理解も、自己肯定感も、
何もかもパーフェクトに条件が揃うなんてことを待っていたら…

【やりたいこと、欲しいものを実現することは、かなり大変で困難である】

って、自分で自分に刷り込んでいるような気がするんだよ。

 

もちろん、
捻出するお金や時間、実力や努力がまったくないのにやるなんてのは、
「『空手形』を切る」ようなもんですからね、
そういう話をしているんじゃないです。

 

手に入れるために必要な『原資』が用意できるのなら、
もっと軽やかに受け取っちゃって、手に入れちゃっていいんじゃなーーーい?

と思うんだよね。

 

払うお金が用意できるならば、必要なものは買った方がいいし、
相手を誘う勇気だけならば、なくても捻り出して早く声をかけた方がいいし、

 

「私も受け取っていいのかな…」って
『Through』カードを買うのを、先延ばしにしそうなのであれば、

今買って、早く受け取れる自分になったらいいよ!!!!

 

私も背中を押しちゃいますね。笑

もっともっと受け取っていいんだよ

 

何よりも、このクセをつけるようにしたことで、

【自分は必ず『有言実行』、いや逐一言うよりも先に実行・実現する】

って、自分に対して当たり前に思えるようになったよ。

これ、すっごい大きいことなんだよね。

自分への信頼。

『Breakthroughカード』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です