脱花粉症な食生活のススメ

花粉、飛んでますね。

飛んでるなあというのはわかるのですが…
今のところ、元気はつらつでございます。

去年もうまいこと、ノーマスク、ノーお薬かつ無症状で
切り抜けられましたので…
今年は今のうちから、

『脱花粉症な食生活』

をテーマにお伝えしたいと思います。

 

<積極的に食べたい食材>

・お肉
・お魚
・卵
・お漬物(発酵食品)
・良質な脂質

<花粉の時期は避けたい食材>

・小麦製品(パン、麺、粉物、お菓子、カレールウ、ビール)
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)
・辛い料理
・果物、甘いモノ

特にグルテン(小麦)とカゼイン(乳製品)は、
腸の粘膜にかなり負担をかけるため、
花粉の時期だけでもいいから、食べるのを我慢してみるといいですよ。
2週間も続けるとだいぶ違うと思います。

以前は「ヨーグルトは腸内環境の改善に良い」と、
この時期こそ食べていましたが、乳製品はやめたほうが俄然調子が良い。
乳酸菌を摂りたいのであれば、発酵食品は他にもありますからね。
私はザワークラウトや野沢菜、キムチなどを食べています。

 

乾燥すると余計に消耗するので、
脂質もしっかり摂りましょう。保湿は身体の中からね。
私は脂の多いお肉やお魚が大好きですが、
苦手であれば…MCTオイルやオリーブオイル、グラスフェッドバターを
たっぷりと。
アボカドもめちゃくちゃいいですけどね!
(私はめっきり質の良いのに出会えない)

 

それからサプリメントもプラスすると良いですよ!

・ビタミンD
・女性は鉄(ヘム鉄)
・男性は亜鉛

 

ちなみに、私は「この避けたい食材」、

・小麦製品(パン、麺、粉物、お菓子、カレールウ、ビール)
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)
・香辛料を多用した料理
・果物、甘いモノ

ぜーんぶ、今でも大好物です。
それでも、減らしましたし常食しなくなりました。
「牛乳だけは…!やめられない…」とも思っていたけれど、
徐々に飲む量が減っていき、
気がつけばほとんど飲まなくても平気になりました。必要な時だけ買います。

 

好物を食べられないのは切なくはありますが、

食べないほうが調子いい
食べるとどこかに不調を感じる

という変化がわかる分、気持ち的にも受け入れやすかったです。

花粉のこの時期は、多少ストイックに我慢していますが、
そうでなければ、食べたい時は思い切って食べています。
こそこそせずに「今日は食べちゃうぞ!」と楽しみます。

 

だからこそ、今の時期だけは、
自分の気持ちよりも『自分の胃腸ファースト』でいきたいと思うのです。

胃腸にヒーリングもしますけどね。
炎症にヒーリングする前に、炎症をおこなさない物理的努力が先なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です