自分に無理と無駄のないワードローブを作りたい

寒さと厚着が、超絶苦手な私ですが…

真冬対応な厚手のコートを、
12月の終わり〜2月までのたった2ヶ月と少しの期間しか
着ていないことに気づきました。

暑さと薄着は、超絶好きな私ですが…

爪先とかかとが出ているサンダルは、
6月〜8月半ばまでのたった2ヶ月と少しの期間しか
履いていないこともわかっています。

なので今年の2月に購入した上着は、
薄手で秋から春、肌寒い梅雨まで使えるものを。もちろん家で洗えるやつ!
つい最近買ったサンダルは、
爪先とかかとがあるデザインで、ソックスやタイツ合わせで年中履けるものに。

 

おしゃれというよりは…なんというか、
もっと設計的な…正しい意味での「design」をしている感覚です。
無理・無駄のないように分析して選んで組み立ててる的な。

そう考えると、私は服に限らず生活全般に対しても、
無理・無駄のないように分析して選んで組み立てたくなるので、
そういうのが合っているんだと思います。

 

ちなみに、選ぶ時には「遊び心」が感じられるような、
色やキャラもの、ロゴ、素材は、ほとんどNGが出るので選べません。

カラフルなのやなんとかコラボやロゴメッセージ、
今年流行のフォトプリント、それからダメージとかフリンジとか。
欲しいなと思っても、身体やガイドや他のどこからかしらから盛大なるNGが。
以前は勢いで飛びついて買った後に「なんか違う…」となってたけど、
今では店頭で手に取った途端、
即ダメ出しが来るので迷うことすらなくなりました。

 

ん?
無理・無駄というもの自体が、自分に合ってないってことか。

そういうことかあ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です