『自分に全力を傾ける時間』を

一時期中断していた個人セッションを、
去年から再開しております。

グループセッションや講座は、
効率的な知識やスキルの習得や、他者がいるからこその刺激や相乗効果など、
それぞれの目的と良さがありますが…

 

私の提供する個人セッションのメリットは、

『その時のその人に対してフルオーダーメイドで向き合う』

ということ。

 

例えば

・申し込みの時点で出す事前課題
・玄関に足を踏み入れる前に行う施術
・時間をかけたヒアリング
・書き出しワーク
・エネルギーデトックスワーク
・各種エネルギー調整
・各種スピリチュアルワーク
・スキルチェック・サポート
・各種知識・技術提供

…などなど。
この『各種』ってのがミソですけど。笑
必要なことをそれぞれその場でやっていきます。

 

そうすると、

会話でひたすら掘り下げ一緒に思考を整理し、
問題の原因の解消を行う回、

まずはがっつり施術をし、コンディションを整えてから
ゆっくりヒアリングをする回、

予想外に噴出したトラウマやスピリチュアル的対処をする回、

物理的面の知識や考え方をアドバイスして、新たに今後の方針を立てる回、

エネルギーの流れを読みながら、行動の作戦会議をする回、

施術とカウンセリングを交互に繰り返す回…

 

毎回全く違う展開になります。

それから、定期的に来ていただけると、
前回の続きから始められるし、変化を確認しながら調整していくので、
人生の進みがもろもろ速くなります。

 

 

最近のセッションの傾向で感じるのは、

「一見、些細に思えるような日常の気づきやひっかかりに、変化のカギが隠れている」

ということ。

 

それこそ、「これ個人セッションで出す話題かな…」と躊躇うようなことが、
実は大事だったりするんです。

大きな事件や深刻な問題というのは、当然、解決の優先順位も高くなり、
「これは自分では解決できない」と判断つくので、他人にも相談しやすい。

対して、小さなことや「わざわざ人前で『悩み』として言うのはちょっと…」というようなことって、
自分の中でも後回しにしちゃうし、それこそ他の人もいるような講座やグループセッションでは出しにくい。

 

だけど、私からすれば、
本人が「これは大したことない」「まあこれはいいとして」「後でもいい」と
いうことこそ、
今は結構『キモ』だと思っている。

これは、以前、ブロックの掘り下げの時に『逃げ』の意味で使われがちだった
「大したことない」とは質が違うんですね。

本当に問題としては些細なことで、スルーしても、まあなんとか乗り切れるようなことなんです。

 

でもでもでもーーーー!!!

そこが大事ってことがあって、それは流石に自分自身じゃ判りきれなくて、
細かいところから、その人の本質につながることもいっぱいあるし、
言葉一つとっても、そこに問題が隠れてたりするのよ!

まあそういう時にね!私がいるってことなのよ。

問題の大小や種類、ワーク云々では判断せずに、その人に今必要なことでみて対応するので。
何気ない言葉の選び方まで見てるから。細かいわよ。フフフ。

 

「全然スピじゃない悩みなんだけど…」って遠慮している方も、
いざセッションに来たら、全力スピリチュアル案件かもしれないし、

「どうしていいかわからないんです」って困っている方も、
そのセッションで一緒に整理して道筋を立てましょうかってするし、

「やべえ詰んだー!」ってなっている方は、
その詰んだー!までの道のり、聞かせてください。まだ手はあるかもよ。

 

なんでもかんでもお受けしません。安心してください。

「藤咲舞子のところじゃない方がいいな」
「今は必要なのはセッションじゃないな」

と、私か『上』が判断したらお断りしてますので、無駄なお金と時間を遣わせるようなことは、しなーーーい。

けど、お願いしたいのは、
本気でやるので、同じくらい本気でかかってきてください。

じゃないと、マジでお金もったいないからね。(真剣

 

ハードな世の中続きますので、
心と体のメンテナンス、そして人生のメンテナンス、コストをしっかりかけるところです。

その際に『私 藤咲舞子の手』をご入用でしたら、
ぜひお待ちしております。

 

 

なお、私のセッションは『対面限定』です。
エネルギー的なセキュリティ面や、問題解決に施術や接触での調整が必要な場合が多いことを考慮してです。
安全や効果を優先した結果ですので、ご理解いただけますと幸いです。

ご足労をおかけすることになりますが、もうひとつメリットを挙げるとすれば、
「藤咲のセッションに来ると、自宅の片付けが盛大に進む」ですね。笑。これはみんな言う。

 

対面個人セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。