マイブームを大切にしている話

今年の春は白いシャツがマイブームで、
そればっかり着ています。

なぜか娘も同じようで、朝着替えると全員(スーツの夫も入れて)白シャツになることも多く、
母娘ってやっぱり感覚近いのね…としみじみしています。
今日もモロ被りでした。

近いでいうと、私たち母娘は肌の質感も近いので、似合う質感も被ります。
素材自体は違うけど、娘のシャツはレーヨン、私は光沢のあるコットン。
肌質に近い、少しツルッとした目の細かい素材を選ぶようにしています。
(まあ若い彼女は、洗いざらしの目の荒いシャツも似合うけども。肌のハリって最強ね)

 

ところで以前は、とても好きな服が見つかると「イロチ買いしとこ」と
していたのだけれど、今はキッパリやめました。

だって結局最初に買った色ばかり着てるんだもん…。

「同じくらい着る」「買い増した色こそヘビロテ!」ということはあるだろうけど、
少なくとも私に限ってはどうしても『次点扱い』になってしまうので、
それならば、全く同じものをもう一着買った方が良いなーと思っています。

「次点扱いの服」を、無理くり着ようとすると少しテンションが下がるので、
やっぱり良くないな!とある時に決めたのねー。

 

こういうところで自分の機嫌を取る、というか、

自分の機嫌を自分から下げるようなことはなるべくしない、

ように心がけているのです。

今好きなものを今好きなだけ着てて、いいじゃないか!

 

今年は夏も着たいから、
半袖かノースリーブの白いシャツをさがすんだー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。