直感に従って生きるために必要なこと

朝、「なんだか早く家を出た方がいい気がする!」と思って、
予定の電車の時間よりもかなり早く駅に行ったら、
電車が遅延していたので、迂回して別路線に乗ってセーフ!みたいなことはよくあります。

 

しかしですよ。

「なんだか早く家を出た方がいい気がする!」と思っても、
準備が終わっていなかったり、そもそも準備に時間がかかるから早く出られない、のでは、
直感に従って行動すること自体がそもそも無理。

 

そうです。

直感、第六感、ひらめきをキャッチして活かすためには、
自分に余裕を持てていないと難しいのです。

「一本遅いのに乗って帰った方がいいかも」
「いつものルートじゃなく、遠回りだけどあの道がいいかも」
「今日は2ランク高いやつを買う方がいいかも」

時間や体力、お金をはじめとする、自分のリソースに、
ゆとりが要るのです。
直感に従うためのゆとりが。

 

そして何より、

『直感に対して、迅速に判断して動く力』

が要る。

 

「早く出た方がいいかも」と思いながらも家でもだもだしていたら、
全然意味ないわけですもんね。

 

余裕を持った時間の見積りをして行動する、
部屋や収納、バッグなどをパンパンにしない、
スケジュールは詰め込まない、
しっかり寝て食べて動いて元気でいる…

そういう土台のところから余裕を作っていくしかないのですね。

 

地道地道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。