2020年2月後半のクローゼット

今月は気温の高い日が多くて、
厚手のニットやコートの出番があまりありません。

手持ちの服は、相変わらず大して変わりませんが…

ニット ×3
スカート ×3
パンツ ×2
ワンピース ×3
レイヤード用カットソー ×1

(若干増えた)

 

着ていた服の記録を、気温別に整理してみたら、
「10度以下の寒い日」と「暖かい日」で
コーディネートがほぼ半々ずつできてる、みたいな感じでした。

なので暖かい最近は、
寒い日用の服は着ていないので、
上のさらに半分くらいの着数で回してるわけですね。

 

毎日とまではいかないけど、
夜にテレビの天気予報を眺めながら、
明日着る服をなんとなくメモしています。
予定や、たまに気温とともに。見返すと便利なの。

そうすると、手が伸びない服や小物が顕著になってくるので、
あえて使うようにして理由を検証したり、
さらにお手入れも丁寧にした上で、手放すかどうかを考えます。

一度思い浮かんだら、だいたい手放すことになるけど、
それでも工夫してなんとかならないかはがんばるし、
ダメでも「なぜダメなのか」はちゃんと明確にさせます。

 

そんな感じなので、
いわゆる「タンスの肥やし」はございません。
『いま使うもの』しか持っていないのですー。

とっておいても、使った試しが私はないので…

今着たい服を思う存分着る方が、
大事に使い尽くせているなあ、と思っています。

 

とまあ、それなりに意識している毎日なので、
自分なりのデータがちゃんと出来てきました。
失敗とか成功とかの。

 

だからもう、春色の服に惹かれてうっかり買いという、
失敗はしない。笑

いやー見ると可愛いんだけどねええ。きれいな色。
試着でも問題ないんだよねえ。ほんとに。
なのに結局、ほとんど着なくなってしまうんだよねえ。
そしてその理由が、ようやくわかったんだよねええ。

パーソナルカラーとかの理論上、似合うはずの色が、
日常で着るとなんか違う…となる理由が。
メイクも同じ。プロが見立てて似合うはずの色が、
カウンターのタッチアップでも問題なかったのに、
普段まったく使えない理由が。

 

私、普通に「色のある?もの」自体が、
普通に身に着けるのでは似合わないんだわ。

これ、『肌の色』の問題だったわ。

(ちなみにパーソナルカラーは、『似合う色』を出すので
診断自体は合っています)

 

ああ長かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です