(改)新しい食習慣に取り組んで1ヶ月

先日書いたこの記事。

レクチンフリーに取り組んで1ヶ月

 

正直わたし自身の変化は、
ちょっと調子がいいかなあというくらいなのですが…

と書いたのですが、
本当にそうなのか?と改めて書き直したのが、今回の記事でございます。

 

 

今日ね、いつものように走りながら、
「うーん、いつもより快調に走れてるわあ」とご機嫌だったんです。私。
どのくらいかっていうと、10kクリアー!と思ったら、
11k走ってたレベルにはね。

単純に「タイムが速い」ってのも、もちろんなんですが、
足や腕の動きが、よりスムーズな気がするんですね。
別に痛めているとか、古傷があるわけではないから、
本当に感覚的なことなんだけど。
強いていえば、『関節に油を注いだ』ような滑らかさ。

ひょっとして。
ボーンブロスのコンドロイチンとかグルコサミンが効いてるのかい?

 

そこではっとしたんですよ。

何も『低レクチン』だけに限らず、
食生活全体を大きく変えたじゃないかと。
もう一度、理由を限定せずに、見直そうと。己の変化を。

ってことで、
改めて整理してみました。

 

<この1ヶ月で取り組んだこと>

・レクチンが含まれている食材をなるべく摂らない
・レクチンは含まれていないが、身体が「合わない」という食材は摂らない

・定期的にボーンブロスを作って食べる
・アボカドなどの良い脂質の摂取量を増やす
・発酵食品(プロバイオティクス)の摂取量を増やす
・オリゴ糖(プレバイオティクス)を摂る
・水をマメにたくさん飲む

<この1ヶ月で変わったこと>

・身体が動かしやすい
・肌や目が乾燥しない
・肌荒れがなくなった
・寝つきがよくなった
・朝起きた時の身体の強張りが減った
・お腹の調子が安定して良い、いつもスッキリ
・花粉症の症状がほぼほぼない
・味覚が変わった
・食材を選ぶ感覚が変わった
・レクチンが入っている好物をやめても、そこまでストレスは感じない
・暖冬を差し引いても、例年に比べて圧倒的に冷えない

定期的に運動してたし、
せっかくだからと、スキンケアにもより力を入れてはいたけれど。

(スキンケアは『使うもの』は変えず、『使い方』を変えました)

 

…アレ?結構すごいぞ。
何が「ちょっといいくらい」なんだ私。いい加減にしろだよ、私よ。

 

そして2ヶ月目に入った今。
今度は『食べ方』に手を入れるようになったのですね。

 

『今』だからこそ、できること、
ですしね。

おうちで、ひとりでも、できる。
そして楽しい。ふふふ。

 

 

私が設立・運営している協会です。

4/21(火)東京:エネルギーデトックスワークセラピスト育成1dayセミナー 
☆セラピスト志望じゃない人も大歓迎ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です