2月に冬服を手放す

立春過ぎたら春ってことにしてるんですよ。
待ち切れないんで。暦に乗るよ。

 

3シーズン目の今年着たらお別れだなと思っていた、
厚手のニット類。
2月に入るやいなや、手放しました。

先月の後半に撮った
この写真の中には、入ってましたね…
月末に突然スイッチが入ってしまったんだねえ…

厚手のニットは暖かいし可愛くて良かったけど、
体質的にも見た目の相性的にも手入れ的にも、
やっぱり「薄手のハイゲージニット」のほうが向いてるな!という結論に…

ダウンもNGが出るし、
冬でも暖かそうな見た目のものは、軒並み合わないと潔く諦め、
まだまだ寒さは続くけど、シーズン中に手放し。

 

そしていつも驚くのは、
服の数が減ると、なぜかクローゼットが新鮮に見えてくるということ。

シーズン中の手放しこそ、
リフレッシュにもなるし、次の季節のイメージもできるし、
オススメなのかもしれない。

 

眺めていたら「シャツが着たいな!」と急に思い立ったので、
秋にカバーをかけて仕舞っていたものを引っ張り出して、
気持ち新たに、またご機嫌で着ております。

同じ服なのに、それまでとは全然違う組み合わせで着たくなるので、
自分のモードも映り変わってゆくのですねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です