『休める自分』になるためにやったこと 2

こちらの記事の続きです。

『休める自分』になるためにやったこと 1

 

『休める自分』になるために取り組んできたことは、
大きく分けて5つあります。

1.『休むこと』に対する認識を改めること
2.『休息』『休養』を最初にスケジューリングすること
3.『休まる環境』を作ること
4.『休むこと』にコストをかけること
5.エネルギー漏れを探して食い止めること

今記事から、
いよいよ「実際にやったこと」を公開していきます。

あくまで自分がやったことなので、
誰しもに当てはまることではないかもしれません。

でも、休むを身につけるには、これくらい大変だ
という目安にはなるかと思います。

 

1.『休むこと』に対する認識を改めること

1-1.【休息の重要性を知る】

休むのが大切なのはわかっていましたが、
「自分が休むこと」を良いこととは、思えておりませんでした。

「仕事でも家庭でも趣味でも、自分がやりたいことをやってるんだから
忙しかろうが、自分が選んだ道なので、休みたいなんてもってのほか。
時間は有限だし、やりたいことは睡眠時間や隙間時間を充てでもやらないと」

とふつーに思ってましたね。はははは。ワーカホリック怖い。

 

多忙でフラフラ、エネルギー切れで走ってる私を見かねた
A-Kiさんに、

【原価を削って作ったものに、ろくなものはないです。
『休息』は『原価』です。
睡眠や休息を削って作ったところで、良いものなどできないですよ。】

と諭されたことがありました。

当時の私はすんなり理解し切れていなかったのですが

【休息は原価】

という言葉だけは忘れられず、
呪文のように唱えながら『休める身体』を目指し続けます。

(ちなみに未だに唱えてます)(ワーカホリックの魂は百までなのか)
(生来の気質かな)

その後、エネルギーの流れから自分で学んだり、試行錯誤を重ねる中で、
『休むこと』に限らず、さまざまなことへの認識を改めていきました。

 

1-2.【理想を体現している人の考え方を学ぶ】

幸せなお金持ちや憧れの人、成功者、大富豪たちの考え方を
本や音声セミナーなどを使って、知るようにしました。

「こういう生活なのか」「そんな発想をするのか!」

と、はるか先を進む人の考え方、やり方は、自分にないものばかりですから。

 

何かで迷ったり、感情が波打った時も、

「あの人たちはこんなことで悩まないな」と気持ちを切り替える材料にしたり、
「あの人ならば、きっとこうするのでは?」というヒントにしました。

もちろん、知識として学ぶだけでは意味がないので、
特に、お金や時間の使い方に関しては、
可能な限り取り入れて、真似するよう努めました。

 

1-3.【『仕事』に対する考え方を変える】

勤め人から自営業者になっているので、
自分の仕事はゼロから自分で作ることになります。

勤め人時代の感覚、考え方から、
時間の使い方も、仕事の作り方も、お金の稼ぎ方も、
変える必要がありました。

 

「働いた分だけお金がもらえる」という考えから、
『最低限の時間で、最大の質と成果を生み出す』にはどうしたらいいか
ものすごーーーーーーく取り組みました。

決して「楽して稼ごう」「高い値段をつけよう」という浅い話ではないです。
「時間をかけて作ったものは、良いものである」
「良いものをを作るには、時間をかけなければならない」
「価値はかけた手間(経費)に比例する」
みたいな考え方からの脱却ですし、成果が伴わないと意味がないので、
超大変でした。

ここに関しては、うちのとびきり有能なガイドや高次の存在たちから、
なかなかのスパルタコーチを受けていたのが、とても大きいですね。

 

2.『休息』『休養』を最初にスケジューリングすること

2-1.【手帳に『休養』という予定を入れる】

【『休息』は『原価』】ということですから、
まず、「『休み』を予定として手帳に書き入れること」から始めました。

空いたところに休みを入れるのではなく、
最初に休みの予定を決めるのです。他の予定はその後に

はじめは、

「ハードな予定や、セミナーなどの前後に休みをいれる」

ところから始めました。

 

そうそう、休みって一日とは限らないんですよ?
数日間取る事も練習しました。

これも全部練習ですよ。慣れがいるもんね慣れが。
油断するとすぐに忘れて、休みを取れなくしてしまう。

 

2-2.【『セルフメンテナンス』『回復』のための予定を入れる】

「ボディメンテナンスの施術」「映画の日には娘と映画を見に行く」みたいな、
自分の心身を整えたり、自分と大事な人との時間を取りたい予定も、
最速最優先で入れてしまうようにしました。

 

2-3.【収入よりも『休み』を死守する】

仕事でもなんでも、依頼されたらなんでも受ける癖をやめました。

前の職場から、退社後もよくお仕事を頼まれてて、
収入にもなるし、お世話になっていたから受けるようにしていたのですが…
つい無尽蔵に引き受けてしまうので、ある時、断腸の思いで断りました。

私はどうも、
自分のリソース(体力とか)を考えないで
「全部終わらせてから寝る」「朝早く起きてやればいい」とかやりがちなので…

未だにそうなんですけど…はは…

(ちなみに本当に寝ないとか早朝にやってしまうのです)

 

長くなりましたので、
次に分けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です