続・『私が上手に磨ける歯ブラシ』が欲しいの

長年、歯磨きに苦心していた私は、
7月の終わりに、こんなことをしていました。

『私が上手に磨ける歯ブラシ』が欲しいの

歯科医院で売っているような歯ブラシを何本も買ってきて、
一気に使い比べをしました。

 

その中から合っていそうなものを選び、
真面目に取り組むこと1ヶ月。

次の歯のクリーニングの時に

「ん〜、いつもよりいいねえ」

と長い付き合いの歯医者さん。

 

いつも叱られて「染める!?」と脅されて(言い過ぎ)いる先生に
珍しく褒められた…!

ので、さらに真面目に継続すること1ヶ月弱。

「お。優秀、優秀なほうだよ」

ほ、本当っすかーーーー!!!
努力が実を結んで、嬉しさいっぱいなのが今です。
継続していこう。

 

前の記事に書いた通り、
それまでドラッグストアで購入していた「良いと『思っていた』歯ブラシ」と、
ネットで調べまくって探した「良いと『勧められている』歯ブラシ」は、
全然違いました。

値段は変わらないのに。

 

見た目も磨き心地も、違いがよく分かったので、
もっと能動的にお手入れをしようと思い、
夜の歯磨きタイムで、まさかの歯ブラシ3本を使っていたのですね。

私の目的は

【プラークを溜めない】

です。
ホワイトニングとか虫歯予防までは意識していません。

 

今やっている、夜のお手入れです。

・歯ブラシ1で丁寧に磨く
・フロス、歯間ブラシを使う
・気になる場所をタフトブラシ(歯ブラシ2)で磨く
・歯ブラシ3でマッサージがてら全体の仕上げ

後から「染め出し液」も購入したので、
時間がある時に染めて、磨き残しをチェックするようにもしました。
(磨き残しが赤く染まるからね)

歯医者さんに染められるから嫌がっていたのであって、
自分の家で、自分の意志で染めると、
自分の目でじっくり反省することができるので、改善が早かったです。

 

「自分でちゃんとやろう」と決意すると、全然違うんですよね。

使いやすいツールを使って、目に見える成果が出始めれば、
何にも苦じゃなくなります。
夜の歯磨きも、せいぜいトータル10分くらいとそんなに長くない。

なんでもっと早くこういう姿勢にならなかったのだろうと
嘆きたくはなりますが、
今できるようになっただけ、マシだよなあと思うので…

 

これからも楽しく続けて行こうと思います。

 

ちなみに歯ブラシ3本は、こういう用途。

歯ブラシ1:ヘッドが小さくて持ち手も細いので小回りが効く
歯ブラシ2:歯と歯茎の境目・奥歯用
歯ブラシ3:とにかくブラシが気持ち良いのでブラッシングが楽しい

朝は1か3を気分で選びます。

1はこれ

3は

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です