締めは黄色いあの子と

連休最後の日。

朝からなんと『名探偵ピカチュウ』を観てきました。
ええ。それも娘リクエストで日本語吹き替えの…
ピカチュウの声が西島秀俊と聞いて、「…なかなかだな!」と思いましたが、
(本当は字幕が良かった。デッドプールのライアン・レイノルズだったのに…)
(なんでうちの娘はおじさん俳優ばかりを好むんだろう)(本当)

しかしながら、西島さんのピカチュウは結構キュートで、
しょぼくれながらポケモンの歌を歌うところは最高だったし、
ポケモンたちの毛並みがファッサーとしていたし、ストーリーも面白かったです。
特にコダックがコダックがコダックが(しつこい

 

主人公の青年だけがピカチュウときちんと会話ができるという設定なのですが、
他の人にはせいぜい「ビカビカー」とかしか聞こえず、
主人公だけがでかい独り言を言っているというか、
わーわー見えない誰かと会話しているように見えているというあたりが、
じゃっかん普段の自分と重なって…ははは…

たまに油断して、
普通の音量の声で上と会話しているので、
気を引き締めようと思いました。

特に一人の時だと、ただのあぶない人ですからね!

 

でもね!黙って自分の内側だけで会話するよりも、
口に出す方が取りやすいんだよね!話早く進むしね。

 

あああやっとー連休が終わるー。
フアアアアア。
連休中は、pixivに再登録し、
久々に神々(もしくは巨匠)たちの傑作を読み漁った日々でした。充実した!
辛い時も面白いお話があれば乗り切れるうー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です