突き抜けたかったら

私が今、割とわーっと進んでいるのは、
「自分の先をゆく人の価値観を取り入れる」と意識的にしているからです。

 

所詮、今の自分で考える「この先に打つ手」って、
今の自分が考えうるサイズ感の手なのです。

突き抜けたいならば、
すでに自分よりも先を行く人の価値観を知らねば
いつまでたっても枠を出られない。と思うのです。

お金の豊かさがある人、
愛情の豊かさがある人、
仕事で即成果を出してる人、
家事のエキスパートの人、

・・・などなど。

身近にいる人から、本を出してる人、テレビの向こう側の有名人まで、
老若男女関係なく、
その人の価値観、考え方に触れられたら、自分はどうなのかをすごくすごく考えます。

 

でもやはり、
対面で直接話を聞ける人の影響はすごいのね。

冬の終わり頃、
一回り近く年下の女性から

「引っ越しに対する価値観」
「自己投資に対する価値観」

をきいて、自分の考え方がぐーっと広がりました。
話を聴いたときは、自分が引越しするなんて思いも寄らなかったけど、
いざ話が出て、すぐに行動できたのはきっと彼女の影響です。

 

なんの分野に関しても、
自分の先をゆく人は、自分が持ってない価値観を持っています。

それも、
今の自分からしたら、ぶっ飛んだ価値観を。

自分よりも先の世界からものを見てるのだもの。こっちが見えないものを見てる。

わかりやすく言えば、もっと高いところからもっと広い世界を見てる。

 

そういうのって、聞いたときは、

「は?無理無理。」
「うわーそれやりたくない。」
「あなただからできるんでしょ」

とかもう反射的に反発したくなるわけです。
あとは適当に流しちゃうとか。

 

まーつまり。

ある意味。

『不快』

なのよ。

 

でも、それ。

今まで自分の世界になかったから、未知だから、
怖くて不快なのかもしれないのね。

コンフォートゾーンを抜けないようにする、防御機能かもね。

 

だから。
その人。

自分の価値観を、世界をガツンとぶっ壊してくれる、
すっごい鍵を持ってる人なのかもしれないのよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です