言語化しにくいことをしてみる

個人セッションや時々イベントなどの中でも、
コンサル的なことをやることがあって、やったらやったで、また自分の中でいろいろ考えることがあるのですが・・・

(さらに勉強したり検証することも多々です)

 

私ができる主なバックアップっていうのは、
そもそも『すでにメニューとして提供している』のです。

アチューンメントだったり、グッズだったり、イベントだったり。

 

で、やっぱりそれを適切に選んで
利用してくださったり、真剣に取り組んでくださってる人には、
それだけ進みが良いので、さらに提案がしやすいのです。

『Be HigherSelf!!』や『CREATE OURSELF NOTE』という、
書き出し系のワークノートを何度も深めてくださる方は特に、
おぼろげでも自分の想いに気づいていたりするしね。

もちろん私のだけじゃなくて、
他の方のサービスを利用されてるのとかでも、

「あ、じゃあ◯◯を使ってさらに▲▲してください」

とかも言えるわけですよ。

 

くれぐれも誤解して欲しくないんですけど、
利用してないからダメとかじゃないんですよ。

でも、
私からすると、
「アイテムはあるけど、敢えてそれを選んでない」ということなんで、
その選択肢を外した中で、ルートを考えましょうか、になるわけです。

なので、
なかなか良い手が出せないのもあるんです。

 

そのやりたいことに
どれだけエネルギーが注げるか、ということなんで、

「お金はなんとかします!用意します!」
「時間はどれだけでも費やします」
「睡眠時間削ってでもやります」
「言われたことはぜったい全部やり遂げます」

・・・と言ってくれるのと
そういうのがない場合もそうです。

自分でどれだけ準備できるかっていうのは、どれだけ覚悟があるかとも言えるので、
それを見せてくれると、こちらからの提案も当たり前ですが変わります。

 

「お金も時間も労力も努力もアイディアもかけられないけど、なんか良い案ください」

っていうのは、割と無理ゲーです。
私にとってもです。

そこで、「マイコさんだったらどうしますか?」って聞いてくれるならまだ違う。

「同じ機会を、どれくらい効果的に使うのか」

っていうのだったら答えられます。

『頭』と『気』を使いまくります。(『運』は特にないです)
そういうのは、すごい戦略的なタイプなので。
でも在り方も大事なので、上辺のテクニックだけじゃ通らない。
まあだから、多分、人から見ると結構大変なやつかもしれない。

でも「それは自分には無理〜」って言われたら、
やっぱり無理ゲーなんです。

いやだから、もーそんくらい大変なのしかない。

 

いろいろやってるけど!?利用もしてるけど!?

・・・それでも、大きく進めてなかったり、改善できていないという方は、
何かが圧倒的に足りないか、おかしくなってるんです。
何かを習っていたりしている場合は、自己流に陥ってる可能性もあります。
選択がミスってるというのもあります。

あとは、
セミナーに行ったり、何かを受けたり、本を読んだり、書き出しまくったり・・・を
『することで、安心してる』状況になってないかにも、気をつけたいところです。

 

やってもやっても変わらないのなら、それは繰り返してるだけで、
深まって、ない。

 

 

『Be HigherSelf !!』

先日、
書き込み終わった『Be HigherSelf!!』や『CREATE OURSELF NOTE』を
見せてもらう機会がありました。

作った本人(私)もびっくりするほど、
めっちゃぎっしり書き込まれてた。しかも、何周目かのワーク。

・・・やっぱり全然違うのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です